弁護士インタビュー

  • HOME>
  • 弁護士インタビュー

弁護士インタビュー

遺産分割・相続放棄・
遺留分・不動産と
相続に関わるトラブルは
多岐に渡ります

相続問題のよくあるお悩み・ご相談内容は?
interview01

相続問題のよくある
お悩み・ご相談内容は?

やはり遺産分割に関わるトラブルです。
「分割の仕方に納得がいかない」ということもあれば、他の相続人の財産・預貯金の使い込みをめぐってトラブルとなることも多いです。
例えば、被相続人と同居していて「ずっと面倒をみてきたのだから」と財産・預貯金を使い込むようなケースです。

あと、相続放棄のご相談も多いです。
相続放棄の手続きはご自身で行うことも可能ですが、戸籍を集めたりするのがすごく面倒ですし、親の借金を理由に相続放棄する場合、子が全員相続放棄すると、今後は親の兄弟姉妹が相続人になるので、全員まとめて放棄しないとまわりに迷惑がかかります。
手続きだけでなく、こうした調整を行うためにも弁護士に任せた方が良いと思います。

その他、遺産相続ではどんな問題が考えられますか?
interview02

その他、遺産相続では
どんな問題が考えられますか?

遺留分も問題になることがあります。
被相続人の死後、遺言書の内容を確認して「自分の取り分がすごく少ない」ということがあり、これは往々にして被相続人と同居している相続人が、自分の都合がいいように遺言書を書かせてしまっているためです。
被相続人にしても、長年お世話してもらっているので逆らえない、あるいは「これだけお世話になっているのだから」と罪悪感がないまま言われた通り記載してしまっています。

不動産をめぐってもよく問題になりますよね?
interview03

不動産をめぐっても
よく問題になりますよね?

そうですね。
特に問題になりやすいのが、“そこに人が住んでいるケース”です。
空き家なら売却すればいいので解決しやすいですが、誰かが住んでいると売却もスムーズにいかず、また相当の現金がないと代償分割も上手くいかず揉めることが多いです。

さらに不動産が複数ある場合、「この不動産には人が住んでいる」「ここは人に貸している」となると評価が非常に難しく、紛争に発展しやすいです。
ただ、当事務所では不動産鑑定士や大手不動産業者と連携しているので、信用できる査定書をもとに話が進められます。

相続問題の実績が豊富
他士業・専門家との
リレーションにより
生前対策から相続税まで
トータルサポート

藤原武士法律事務所のサポートの特徴は?
interview04

藤原武士法律事務所の
サポートの特徴は?

今、少しお話ししましたが、不動産鑑定士や大手不動産業者といった専門家と連携して、解決が難しい不動産問題にきちんと対応できることです。
さらに言うと、司法書士や税理士などの他士業とも連携していますので、遺産相続に関わる様々な問題をトータルにサポートできます。

どのようにしてそうしたリレーションを構築されたのですか?
interview05

どのようにしてそうした
リレーションを構築されたのですか?

私は積極的に異業種交流を行っていて、それは士業に限らず、不動産業界の方など様々な方と繋がりを深めています。
そうした繋がりは弁護士としての仕事に役立つだけでなく、異業種交流会を通じて知り合った方と顧問先の経営者をマッチングして、新たなビジネスの創生をお手伝いしたりすることもできます。

その他、相続問題のおける事務所の強みは?
interview06

その他、相続問題のおける
事務所の強みは?

相続問題の実績が豊富なこと、特に不動産問題の解決を強みとしています。
これまで様々な相続問題の解決にあたってきた経験から、ご家族それぞれのケースに応じてベストな解決策がご提案できますし、他士業や専門家とのリレーションを活用して、遺言書や成年後見などの生前のご相談から遺産分割や不動産問題などの相続発生後のトラブル、さらには相続税に関することまでトータルにサポートできます。

これがリレーションを持たない法律事務所となると、「そちらで専門家を探してください」となることが多いのですが、当事務所ならご依頼者様にそうした負担をかけることはありませんし、窓口も1つで済むのでとても便利です。

初回法律相談無料
悩む前にすぐ弁護士へ相談を

弁護士への相談は無料ですか?
interview07

弁護士への相談は無料ですか?

当事務所では初回の法律相談を60分無料で承っています。
事前にご予約いただければ夜間・土日祝の相談も可能で、電話受付も23時まで対応可能です。
無料相談ではお悩みをお聞きするだけでなく、「どんな解決方法が考えられるのか?」「解決までにどのくらい時間がかかりそうか?」「費用の目安は?」といったことも詳しくお伝えします。

どんなタイミングで弁護士へ相談するべきですか?
interview08

どんなタイミングで
弁護士へ相談するべきですか?

“悩む前に、すぐ”です。
悩み始めたら、ではなく、悩む前のご相談がおすすめです。
いったん相続問題で悩み始めると、夜も眠れなくなる方がおられます。
「この先どうなるのだろう?」「本当に解決するのだろうか?」と悶々とした日々を過ごし続けるくらいなら、勇気を出して弁護士へご相談いただくことをおすすめします。

これまでずっと頭を悩まし続けていた問題も、弁護士に相談してみたら、案外すっきりすることが多いです。
なので「悩んでいる時間がもったいない」と考えて、是非一度、当事務所へご相談ください。

天満橋
オフィス

豊中
オフィス

お問い合わせ