相続手続きの流れ

  • HOME>
  • 相続手続きの流れ

相続の手続きについて

遺産相続は次のような流れで進行していき、途中、期限が定められているものもあるので、
全体のスケジュールを把握して漏れなく処理していくようにしましょう。

相続発生後の流れ

相続発生

被相続人の死亡と同時に相続発生。

死亡届・火葬許可を届け出(7日以内)

被相続人の死亡を知った日から7日以内に死亡届と火葬許可を届け出。

年金・保険の手続き

企業年金や生命保険等について、それぞれの窓口である勤務先や保険会社へ連絡し、必要な手続きを行います。

遺言書の有無を確認

被相続人が遺言書を残しているかどうか確認します。
公正証書遺言以外では、家庭裁判所での検認手続きが必要になります。

相続人を確認

誰が相続人なるのか戸籍調査を行います。

財産を調査

どんな財産がどこにあるのかを調査します。

預貯金を確認

相続発生後、金融機関の口座は凍結するので、相続人全員の同意のもと、口座の解約や名義変更を行います。

相続放棄・限定相続の申請(3ヶ月以内)

相続発生後、3ヶ月以内に相続放棄・限定相続の申請を行います。

遺産分割協議・協議書の作成

遺言書がない場合、遺産分割協議より財産の分け方を決めます。
協議がまとまれば遺産分割協議書を作成して相続人全員が署名・押印します。

所得税準確定申告(4ヶ月以内)

相続発生後4ヶ月に以内に、その年の1月1日から死亡日までの被相続人の所得の確定申告を行います。

相続税の申告・納税(10ヶ月以内)

相続発生後10ヶ月以内に相続税の申告・納税を行います。

遺留分侵害額請求(1年以内)

遺留分を侵害されている相続人は、相続発生後1年以内であれば侵害した相手へ遺留分の取り戻しが請求できます。

天満橋
オフィス

豊中
オフィス

お問い合わせ